カテゴリーページが上がると直帰率が下がる

カテゴリーページ

こんにちは、Sundayです。

アクセス解析で直帰率を気にしていますか?

サイトの直帰率を下げると検索エンジンからの評価が高まります。

直帰率とは、サイトを1ページ見ただけですぐに帰ってしまう訪問者の割合のこと。

この割合を下げると、サイトの評価が高まると言われています。

なので、内部リンクを増やしてサイト内を回遊させることは、SEO対策上不可欠なんですね。

僕の経験上、直帰率は70~80%前後になることが多いです。

60%台だとかなり優秀な方ではないでしょうか。

そんな中、僕の持っているサイトの中で驚異の直帰率をはじき出しているサイトがあります。

直帰率

直帰率38.76%!

ズバ抜けて直帰率が低いんです。Σ(゚ロ゚;)

サイトの滞在時間も3分33秒と長く、1人あたり3~4ページ見てくれています。

滞在時間って、だいたい1分30秒あればいい方なのにね。

そんな中で「なぜこのサイトだけ直帰率が低いんだろう?」と、僕は考えてみました。

いろいろ要因はありますが、一つはカテゴリーページの構成のしかたに要因があるようです。

実は、このサイトは個別ページよりもカテゴリーページが結構上位表示されているんです。

カテゴリーページが直帰率に影響する?

ブログ形式でサイトを作ると、個別ページ(エントリーページ)の上にカテゴリーページが作られます。

通常は個別ページやトップページからのアクセス数が多くなります。

でも、この直帰率の低いサイトでは、カテゴリーページからのアクセス数が多いんです。

カテゴリーページのアクセス数

1位、3位、8位にカテゴリーページがランクインしています。

2位がトップページですので、10位までの累計を見ると、個別ページ(エントリーページ)よりカテゴリーページからのアクセスが多いことが分かります。

でも、普通はカテゴリーページが上位に来ると、直帰率が上がるケースが多いんじゃないでしょうか?

だって、カテゴリーページってエントリーの羅列になってしまうことが多いですから。

あなたも、いきなりエントリーの羅列を見ると「うわ!探すのめんどくせ!」と帰りたくなったことはありませんか?(笑)

カテゴリーページが上位に来ると、直帰率が上がることが多いと思うんです。

では、なぜこのサイトは直帰率が低いのかというと、エントリーが順番に読み進める連続したコンテンツになっているからです。

1記事読むと、次の記事を読ませる構成になっているですね。

順番

このサイトでは、必ず記事の最後に「次の記事はこちら」というリンクを入れています。

なので、直帰率が低くなっているのでしょう。

これを見て「なるほど~。記事を分割して読ませればいいのか」と考える人がいるかもしれませんが、それは違います。

順番に読めば連続して読めるけど、どこから読み始めたとしても、意味が通じるようにもしておかないといけません。

訪問者はどの個別ページから入ってくるか分かりませんからね。

「個別で読んでも意味が分かるし、まとめて読めばもっと意味が分かる」というのが理想です。

例えばこの「どこよりも正しいアフィリエイトのやり方」では0→1万円編のように、5記事まとめて読むようなコンテンツを作っています。

とはいえ、5記事を必ず順番に読まなければいけないわけではなく、バラバラで読んでも理解できるようにしてあります。

最初にカテゴリーページに来ても、個別ページに来ても、読者が満足できるように作ってるんですね。

個別のエントリーは1話完結になっているけど、順番で読めば大きな流れが分かるという仕組みです。

そういえば、最近のテレビドラマは1話完結モノが多いですよね。

これは視聴者がどの回から観ても話に入ってこれるようにしておき、連続で観ればさらに楽しめるようにするという、テレビ局の戦略なんでしょうね。(^_^;)

ちなみに、0→1万円編のようにカテゴリーページ(タグページ)に目次や説明文を入れると、よりナビゲーションの効果が高まります。

SIRIUS(シリウス)なんかではカテゴリーページを自在にカスタマイズできるので、作ると直帰率を下げられますよ。

↓SIRIUS(シリウス)の詳細はこちら
>>ホームページ作成ソフトSIRIUS(シリウス)の評判

カテゴリーページを上位表示させるには

カテゴリーページを上位表示させるには、いい加減にカテゴリーを決めないことです。

カテゴリーやタグって適当に決めている人が結構いますが、サイト作成前にガッチリ固めてから作った方がいいでしょう。

サイト作成後だと、記事を別カテゴリーに移動させるとURLが変わってしまう場合がありますからね。

そうなるとURLについていたSEOのパワーはゼロになってしまいます。(>_<)

なので、サイトを作り始める前にカテゴリー構成を決めておきましょう。

また、カテゴリー名をよく考えることも大事です。

カテゴリー名が「その他」とかだと、検索からの流入は期待できません。

「その他のダイエット」とかよりも「他にも体験した!効果抜群ダイエット」というふうに、クリックしたくなるタイトルにするのもコツです。

カテゴリー名は記事のタイトルを決めるのと同じぐらい力を注ぎましょう。

さらに、キーワードを意識して決めるとよりGood。

例えばこの「どこよりも正しいアフィリエイトのやり方」だと、カテゴリー名は「テーマ選び」や「コンテンツ」のように「アフィリエイト」に続く第2キーワードがはまるよう作っています。

カテゴリー名だからといって手を抜かず、貪欲にアクセスを狙っていきたいですね。

ブログランキング参加中

もっとアフィリエイトを学ぶには

メルマガ

実際にSundayが作ったサイトを見ながらアフィリエイトを学べる無料メルマガ!

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

おすすめ教材・ツール

ルレアプラス

物販アフィリエイトの王道教材


「LUREA(ルレア)」は小手先のテクニックではなく、アフィリエイトの「本質」が学べる教材。基礎から応用まであらゆるノウハウが詰まったオールインワンパッケージ。


SIRIUS

アフィリエイト専用のホームページ作成ソフト


「SIRIUS(シリウス)」はブログ感覚でHTMLサイトを作るホームページ作成ソフト。アフィリエイトに特化した機能が満載で、初心者でも簡単に扱えます。

このページの先頭へ