文章を読みやすくするための一工夫

読書

こんにちは、Sundayです。

記事で最も大事なのは内容です。

読者のためになる情報を書くことが一番大事です。

とはいえ、いくらためになる内容を書いていても
読みにくい文章では読んでもらえません。

最悪の場合、一目見ただけで
「うわっ!読みにくい!」とサイトを閉じられる
こともあるんですよ。

せっかくいいことを書いていても、
読んでもらえないのでは意味ないですよね。(>_<)

読者が読みやすい文章にすることも大切なんです。

そこで、記事を読んでもらうためにしておきたい
一工夫をお話します。

読みやすくするポイント

余白をとる

まずは次の文をご覧ください。

アフィリエイトとは広告主とインターネット上の媒体を結び付けるインターネット広告のことです。アフィリエイトの仕組みを、アフィリエイトプログラムといいます。アフィリエイトでは、Webサイトやブログ、メールマガジンといった媒体で広告主の商品やサービスに関連した情報を掲載し、広告収入を得ます。広告主と媒体の相互関係の結び付きが深くわかりやすいため、掲載広告の商品に関心を持つユーザーを取り込みやすいというメリットがあります。

パッと見て読もうと思いますか?

「文字がいっぱいで読む気がしないなぁ」と思いませんか?

改行を使わず、枠いっぱいに書くと
とても読みにくい文章になります。

目線の移動が増えるので、読み始めても途中で疲れてしまい、
すぐに帰られたりするんですね。

読みやすくするには
改行を使って余白をとるようにしましょう。

アフィリエイトとは
広告主とインターネット上の媒体を結び付ける
インターネット広告のことです。

アフィリエイトの仕組みを、
アフィリエイトプログラムといいます。

アフィリエイトでは、
Webサイトやブログ、メールマガジンといった媒体で
広告主の商品やサービスに関連した情報を掲載し、
広告収入を得ます。

広告主と媒体の相互関係の結び付きが深く
わかりやすいため、掲載広告の商品に関心を持つユーザーを
取り込みやすいというメリットがあります。

どうでしょうか?

ぐっと読みやすくなりましたよね。^^

ブログでは改行を多くして、
余白を多めにとるのがポイントです。

漢字はひらがなにする

パソコンで文字を打つと
パソコンが勝手に漢字に変換してくれます。

便利なのですが、漢字が増えると
文章が固いイメージになるんですね。

先輩に聞いた、「10km走るは、近所を散歩するだ」と言われた。

この文章では、赤字はすべてひらがなに直せます。

先輩に聞いたところ、「10km走るくらいは、近所を散歩するほどことだ」と言われた。

「所」は場所を表すので、使い方も間違ってますしね。^^;

他にも、ひらがなにした方が読みやすくなる漢字は
たくさんあります。

・事(こと)
・物(もの)
・所(ところ)
・時(とき)
・訳(わけ)
・位(くらい)
・程(ほど)
・等(など)
・頃(ころ)
・即ち(すなわち)
・全て(すべて)
・下さい(ください)

使い方に迷ったときは、ひらがなにするといいでしょう。

ひらがなにした方が、文章全体が柔らかくなります。

難しい言葉を使わない

文章に書き慣れていないころは、
なぜか難しい言葉を使いがちになります。

「立派な文章を書こう」という潜在意識が働くんでしょうね。

妙に格式ばった言葉を選んでしまうんです。

少子化を起因とした人口減を防ぐのは、困難の極地です。

これでは、とても固い印象を与えてしまいます。

もっと簡単な表現に直しましょう。

少子化による人口減を防ぐのは、とても難しいです。

どうしても文章となると、
かしこまって固い表現を使う人が多いです。

「もっと簡単な表現はないか」と常に意識してみてくださいね。

中学生にも分かるように書く

ブログはいろんな年齢や職業の人が読みます。

どんな読者でも読みやすいよう工夫することが必要です。

目安としては「中学生にも分かるぐらい」を
心がけるといいでしょう。

教科書のようにキチキチに固い言葉が並んでいると、
一目見ただけで読む気をなくしてしまいます。

僕も教科書は読む気がしなかったです(笑)。

でも、なぜか文章になると
そういう固い文章を書く人が多いんですよね。^^;

少し工夫するだけなので、
読者目線で文章を見直してみましょう。

誰が見ても読みやすい文章を心がけてくださいね。

ブログランキング参加中

もっとアフィリエイトを学ぶには

メルマガ

実際にSundayが作ったサイトを見ながらアフィリエイトを学べる無料メルマガ!

“文章を読みやすくするための一工夫” への2件のフィードバック

  1. こんにちは、駆け出しアフィリエイターの
    クラインといいます。

    こういう基本的なことをきちんと書いたり
    教えてくださる方はあまりいないなあ、と
    思ったのでコメントを書かせていただきました。

    改行をして行間をとって、というのは
    いろんなWEB上の文書を読んでいくうちに
    そういうルールなのかなあ、と自然に
    身につきましたが、難しい漢字をなるべく
    使わずわかりやすい表現で、というのは
    気をつけていないとつい忘れがちに
    なりますね。気をつけたいところです。

    さすがにDTPをされていた方は
    目のつけどころが違う!と思いました。

    またおじゃまさせていただきます。
    よろしくお願い致します。
    応援ポチッ!

    1. クラインさん、こんにちは。^^

      僕も最初は改行を使わずにみっちり文章を書いていました(笑)。
      行間を広めにとった方が、やっぱり読みやすいですよね。
      ぜひアフィリエイトの参考にしてください。

      応援ありがとうございます!

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

おすすめ教材・ツール

ルレアプラス

物販アフィリエイトの王道教材


「LUREA(ルレア)」は小手先のテクニックではなく、アフィリエイトの「本質」が学べる教材。基礎から応用まであらゆるノウハウが詰まったオールインワンパッケージ。


SIRIUS

アフィリエイト専用のホームページ作成ソフト


「SIRIUS(シリウス)」はブログ感覚でHTMLサイトを作るホームページ作成ソフト。アフィリエイトに特化した機能が満載で、初心者でも簡単に扱えます。

このページの先頭へ