相互リンクはペナルティになるのか

相互リンク

こんにちは、Sundayです。

外部リンクを集める手段のひとつに相互リンクがあります。

同じジャンルのサイトや、親しい運営者さんに「相互リンクしましょう」とお互いにリンクを張り合う行為です。

古いマニュアルなら、SEO対策として相互リンクを薦めている本も多いのではないでしょうか。

相互リンクはかつては一般的に行われていましたが、今ではほとんどSEOの効果はありません。

そればかりか、ペナルティになることだってあります。

相互リンクはもう時代遅れ

相互リンクの効果については、昔からいろいろ議論されてきました。

  • 一方的なリンクではないから、効果はない
  • 同じテーマやジャンルなら、ある程度効果はある
  • 被リンクをもらうのはいいけど、発リンクが多いと評価が落ちる

などなど。

効果があるかないかは、人によって意見が違っていました。

だいたい「そんなに効果はないけど、少しはメリットがある」というのが、一般的な考え方でした。

しかし、そういった議論はもう時代遅れです。

Googleは「相互リンクはペナルティになる」と明言しています。

Googleの「品質に関するガイドライン」では、「リンクプログラム」に当たるとして以下の行為を禁止しています。

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること。

Google「品質に関するガイドライン」より

「過剰なリンク交換」の「過剰」がどこまでを指すのかは分かりませんが、相互リンクだけを目的にすると、スパムと認識されてしまうようです。

ここで言う「パートナーページ」とは、いわゆるリンク集のことです。

今でもリンク集を作っているサイトはたくさんありますよね!?

つまり、リンク集を作って「相互リンク募集中!」なんてやってるのは、Googleに「スパムやってます!」と宣言しているようなものです。

無差別に相互リンクするのはやめましょう。

たまに大量のリンク集を作っているサイトから「相互リンクしましょう」とお誘いが来ますが、こういうのは断ってOKです。

ましてや、アンカーテキストがサイト名ではなくキーワードでリンク集を作っているようなサイトは、明らかにリンクプログラムに該当します。

リンクプログラム

リンクすると、こちらまでペナルティになる可能性がありますよ~。

相互リンクの依頼が来ても「時代遅れなことやってるなぁ」と笑っておきましょうね。( ̄▽ ̄)

ペナルティにならない相互リンクのやり方

相互リンクはペナルティになると言ってきましたが、ペナルティにならないやり方もあります。

それは、「リンク集をコンテンツとして見せる」ことです。

Googleが嫌うのは「無差別で無意味なリンク」であって、それが「意味のあるリンク」なら問題ありません。

むしろ評価にもつながります。

例えばNAVERまとめなどの「まとめサイト」は、いろんなサイトの「リンク」と「引用」だけにもかかわらず、検索エンジンでは常に上位に表示されます。

これは、リンクがすべて「意味のあるリンク」だからです。

NAVERまとめ

NAVERまとめ

「意味のあるリンク」とは引用元だったり、人がちゃんと通るリンクのことです。

おそらくGoogleは、リンクから流れるアクセス数なんかを判断材料にしてるのではないかな~と思います。

だから「検索上位を目指すため」の相互リンクはダメで、人が通る相互リンクにしないといけないんです。

NAVERまとめのようなサイトを「キュレーションサイト」と言いますが、キュレーション化したリンク集なら価値があるでしょう。

例えば「私が参考にしたサイト」として、サイトの紹介文を加えるようなリンク集のことですね。

こういったリンク集なら、読者が新たな情報を得るのに役立ちますし。

ペナルティになるかどうかの基準は、Googleがよく言ってます。

「世の中に検索エンジンがなくても、そのコンテンツを作ったかどうか」が判断基準です。

リンク集を作ったり、相互リンクする場合は、それが「読者に役立つものか」をまず考えましょう。

検索エンジンのために作ったリンクはペナルティになり、読者のために作ったリンクは価値がある、ってことです。

ブログランキング参加中

もっとアフィリエイトを学ぶには

メルマガ

実際にSundayが作ったサイトを見ながらアフィリエイトを学べる無料メルマガ!

“相互リンクはペナルティになるのか” への4件のフィードバック

  1. Sundayさん

    おはようございます。
    マサキです。

    相互リンクはペナルティになるのですね。

    すごくわかりやすく、有益な情報でした。

    ありがとうございます。

    応援済みです。

    今後ともよろしくお願いします。

    1. マサキさん、こんにちは!

      記事が役に立ったようでよかったです。^^
      相互リンクは必ずというわけではないですが、
      やり方を間違うとペナルティになるので注意が必要ですね~。

      応援ありがとうございます!

  2. こんにちは。元公務員@ハッピーライフです。

    相互リンクには気をつけなければいけないこと、
    よくわかりました。

    私のブログでは特に相互リンクを受け付けていないのですが、今後申し込みがあっても、ひとまず置いておくことにします。

    上手に断る必要があるでしょうね。

    それでは応援いたします。

    1. 元公務員@ハッピーライフさん、こんにちは!

      相互リンクはむやみやたらに張るとペナルティになる可能性があるので、
      注意が必要ですね。
      依頼元のページをしっかり確認することも大事だと思います。^^

      応援ありがとうございます!

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

おすすめ教材・ツール

ルレアプラス

物販アフィリエイトの王道教材


「LUREA(ルレア)」は小手先のテクニックではなく、アフィリエイトの「本質」が学べる教材。基礎から応用まであらゆるノウハウが詰まったオールインワンパッケージ。


SIRIUS

アフィリエイト専用のホームページ作成ソフト


「SIRIUS(シリウス)」はブログ感覚でHTMLサイトを作るホームページ作成ソフト。アフィリエイトに特化した機能が満載で、初心者でも簡単に扱えます。

このページの先頭へ