先に紹介する商品を決めよう

ブログやサイトのテーマを決める時は、
紹介する商品を先に決めましょう。

× テーマを決める → 商品を決める

ではなく

○ 商品を決める → テーマを決める

が正しいやり方です。

この流れを必ず守ってくださいね。

商品のないサイトは作っても意味がない

例えば「自分は自動車整備をしているので
自動車整備のサイトを作ろう」としたとします。

 詳しい整備のテクニックを公開して、
アクセスも多いサイトを作りました。

サイト作りとしては成功だと思います。

でも、アフィリエイトとしては失敗です。

なぜかわかりますか?
売り上げになる商品がないからです。

自動車部品はネットでも買えますが、
それをアフィリエイトできるプログラムがないんですね。

だからサイトを作る前に、そのテーマに沿った
アフィリエイトプログラムがあるかを確認してから
作らなくちゃいけないです。

プログラムのないテーマを選んでも、意味ありません。

「見る人=買う人」になっているか

次の例を見てみましょう。

食べ歩きが好きな人が「名古屋のグルメサイト」を作りました。
そこで名古屋の特産品をアフィリエイトしました。

一見、良さげに思えますよね?

でも、これも間違いです。

「グルメサイトを見る人」=「特産品を買う人」
ではないからなんですね。

「グルメサイトを見る人」は「おいしい店を探している人」であって、
「特産品を探している人」ではありません。

だから、このサイトから商品が売れることはないでしょう。

この場合は

1.特産品をアフィリエイトすると決める
 ↓
2.特産品を紹介するサイトを作る

というのが、正しい流れです。

ネットで売れない商品を選ばない 

さらに商品を選ぶ時は「ネットで売れる商品か」を
考えて選びましょう。

例えば「ギターを紹介するサイトでギターを売ろう」
と考えたとします。

でも、ギターって弾き心地が大事なので
ほとんどの人が店頭で買うんですね。

一部コレクションとしてビンテージギターを買う人もいますが、
そういう人はまれです。

このような、ネットで売れない商品を扱っても、
売り上げが上がらずに失敗してしまいます。

テーマ選びの基本パターン

ここまで3つの例を紹介してきました。

どの例も「先にテーマを選んでいる」からダメなんですね。

「先に商品を選ぶ」ことがアフィリエイトの基本です。

ここを間違うと、売れないサイトを作ることに
延々と時間を使ってしまいます。

1.ネットで売れそうな商品のプログラムを見つける
 ↓
2.その商品を買う人が見そうなサイトを作る

これが基本パターンです。

まずはこのパターンを頭に入れて、テーマを選ぶようにしましょう。

ブログランキング参加中

もっとアフィリエイトを学ぶには

メルマガ

実際にSundayが作ったサイトを見ながらアフィリエイトを学べる無料メルマガ!

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

おすすめ教材・ツール

ルレアプラス

物販アフィリエイトの王道教材


「LUREA(ルレア)」は小手先のテクニックではなく、アフィリエイトの「本質」が学べる教材。基礎から応用まであらゆるノウハウが詰まったオールインワンパッケージ。


SIRIUS

アフィリエイト専用のホームページ作成ソフト


「SIRIUS(シリウス)」はブログ感覚でHTMLサイトを作るホームページ作成ソフト。アフィリエイトに特化した機能が満載で、初心者でも簡単に扱えます。

このページの先頭へ