インデックスのイメージ

どんなにいい記事を書いても
検索エンジンに登録されないと意味ないですよね。
誰にも発見してもらえないですから。

ページが検索エンジンに登録されることを
「インデックス」といいます。

自分のサイトがインデックスされてるか調べるには
YahooやGoogleの検索窓に

site:自分のURL

と打ち込みます。

このブログだと
site:https://affiliate-best.com/
となりますね。

たまに調べておいた方がいいですよ。

僕も3ヶ月以上インデックスされないことがありましたから。(^^;)

「アクセスが全然ないなー」と思ったら
インデックスされてなかったのです!
そりゃあアクセスがあるわけありません(笑)。

特にブログを作って最初のころは
「なかなかインデックスされない」と
悩むことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は作ったページを素早くインデックスさせる
3つの方法を紹介したいと思います。

インデックスの仕組み

まずはどのようにインデックスが行われるのか、
検索エンジンの仕組みを理解しておきましょう。

世界中のWebサイトは網の目のように張り巡っています。

この網の目をクローラーというロボットが
日々、巡回(クロール)しているんですね。

クローラーは新しいページを発見したら
その情報を検索エンジンに持ち帰ります。

持ち帰った情報に価値があれば
検索エンジンがインデックスしてくれます。

インデックスの仕組み

インデックスされるにはまず、
クローラーを自分のサイトに呼び込む必要があるんですね。

↓僕のクローラーのイメージです(笑)。

クローラー

では、どうすればクローラーを呼び込めるか、
やり方を見ていきましょう。

Fetch as Google

Fetch as GoogleとはGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)にある
クローラーを呼び込む機能のことです。

Googleサーチコンソールは
サイト管理に便利な機能がたくさんあるので、
アフィリエイトをするならぜひ導入しておきましょう。

無料ブログでも登録できますよ。

Googleサーチコンソール

Fetch as Googleの使い方は簡単。

サーチコンソールからFetch as Googleを開き、
クロールさせたいURLを送信するだけです。

Fetch as Google

月500回までと回数制限がありますが、
500回もあれば十分でしょう。

確実にクロールされるので、僕も重宝してます。^^

クローラー回し

頻繁に更新しているサイトは
クローラーも頻繁に巡回してくれます。

そこで日記ブログなど頻繁に更新しているサイトからリンクを張って、
クローラーを誘導することを「クローラー回し」といいます。

超初心者編で「なんでもいいのでブログを作ってみよう」と
言ってますよね?
ブログのテーマは何でも構わないと言いました。

この最初に作ったブログをクローラー回しに使うのが、
よくあるやり方です。

日記など好き勝手に作ったブログなら、更新も楽ですよね?

そこで日記ブログは頻繁に更新してクローラーを呼び込み、
リンク先のメインサイトへクローラーを誘導するのです。

クローラー回し

こうすれば、メインのアフィリエイトサイトはあまり更新しなくても
クローラーは頻繁に巡回してくれます。

被リンクも増えるので、SEOにも効果があり一石二鳥です。^^

Ping送信

Ping送信とはブログなどを更新したときに
更新情報をPingサーバーに送信する機能のことです。

PingサーバーはYahooなどの検索エンジンにもあるので、
設定しておくとインデックスされやすくなります。

無料ブログでもWordPressでも設定できるので、
主要なPing送信先は必ず設定しておきましょう。

「Ping送信先」と検索すれば、最新のPing送信先が調べられます。

近年はPing送信の効果は薄くなってると言われています。

それでもブログランキングなどに送信すれば
記事がいち早く登録されるので、使った方がいいでしょう。

ブログランキングにはクローラーも頻繁に巡回してますしね。

インデックスされないこともある

クローラーを呼び込むやり方を3つ紹介しましたが、
いかがだったでしょうか?

すぐに見せたいニュース記事をアップしたときなんかに
使えると思います。

ただ注意してほしいのは、いくらクローラーを呼び込んでも
インデックスされないときもあるということです。

これは僕の体感ですが、内容の薄いコンテンツは
どうもインデックスされにくい感じがします。

逆に濃い内容の記事はインデックスが早いようです。

せっかくクローラーを呼び込んでも
インデックスされなければ意味がないですもんね。

やっぱりコンテンツを充実させることは大前提なんでしょう。

コンテンツを充実させつつ、
素早くインデックスさせる方法も併せて活用してみてください。