ビッグキーワード

こんにちは、サンデーです。

「初心者はビッグキーワードを狙ってはいけない」とよく言いますよね。

アフィリエイトでは、対象を絞ったニッチなキーワードを狙うのがセオリーです。

検索数の多いビッグキーワードではライバルが多く、上位表示が難しいからですね。

なので、僕も基本的には検索数の少ないスモールワードを狙っています。

ただ、アフィリエイトに慣れてくると、ビッグキーワードでの上位表示もできるようになってくるんですよ。

僕も最近は、ある程度大きなキーワードでも上位表示できるようになってきました。

ビッグキーワードで上位表示を狙うには、ブログの育て方を知っておくことが大事です。

上手に育てていくと、検索エンジンで上位表示ができるようになります。

ビッグキーワードを狙うブログの育て方を解説します。

ビッグキーワードで上位表示させるには

ビッグキーワードとは検索数の多いキーワードのことです。

逆に検索数が少ないキーワードを「ミドルキーワード」「スモールキーワード」といいます。

例えば「株」がビッグなら、「チャート」がミドル、「ローソク足」がスモールというような感じですね。

ビッグキーワードはライバルが多いです。アフィリエイターだけでなく大手企業も参入しているため、簡単には上位表示できません。

ただ、上位表示できないのは「ライバルが多いから」という理由だけではありません。

ビッグキーワードの特性による部分もあると思います。

ビッグキーワードはジャンルを包括するキーワードだからです。

「株」の例でいうと、「ローソク足」の上に「チャート」があり、さらにその上に「株」という全てを包括するキーワードがありますよね。

全てを包括するキーワード

「株」で検索する人は、「チャート」を知りたいのか「日経平均」を知りたいのか分かりません。

なので、検索エンジンは「株」を含んだ総合的なサイトを上位表示させます。

つまり、「株」という包括的なキーワードで上位表示させるには、「株」に絡む様々なコンテンツを用意する必要があるんです。

これが上位表示できないもう一つの理由なんですね。コンテンツの豊富さでは上位サイトにかないませんから。

しかし、ブログを戦略的に作れば、ライバルに対抗できるまで育てることができます。

上の図を見ると何かに似ていると思いませんか?

そう! ブログのカテゴリー構造に似ていますよね!?

「株」がトップページ、「チャート」がカテゴリーページ、「ローソク足」が個別記事のようにも見てとれます。

実は、ここに答えが隠されています。

ビッグキーワードはトップページで狙うものなんです。

個別記事の集合体として上がってくるのがトップページ。

同じように、スモール・ミドルキーワードの集合体として上がってくるのがビッグキーワードです。

つまり、個別記事という土台をしっかり作れば、トップページでビッグキーワードが狙えるわけです。

逆に土台がしっかりしていないと、いくら頑張ってもビッグキーワードは狙えません。

個別記事からトップページへパワーを送る

ビッグキーワードを狙うには、まずミドルやスモールから順々に狙っていく必要があります。

個別記事でいきなり大きなテーマを扱わずに、まずは小さなテーマから攻めていくんです。

小さなテーマが集まることで、やがて大きなテーマが浮かび上がります。

個別記事からトップページにパワーを送ってあげる感覚ですね。

パワーを送る

マイナーなキーワードをメインにしつつも、頭の片隅ではビッグキーワードを意識する。

そうやってせっせと記事を作っていきましょう。

こうすると個別記事のスモールワードが積み重なり、上層ページのテーマがはっきりしてきます。

また、下層のページが持つリンクの評価をトップページに送れるので、SEO的にも効果があります。

これらのパワーが蓄積されて初めて、トップページがビッグキーワードで上位表示されるようになるんですよ。

初心者はいきなり個別記事でビッグキーワードを狙ったり、ビッグキーワードを意識した記事ばかりを量産しがちです。

ビッグキーワードを意識した記事

最初からビッグキーワードを狙ってしまうと、上から下への感覚になってしまいます。

そうではなく、まずは下層へ潜って、下から上へ送る感覚を身につけましょう。

スモールキーワードでビッグキーワードを押し上げる感覚です。

細かなキーワードを狙うには、↓こちらの記事も参考になると思います。

サイト設計に時間をかけるのが大事

ビッグキーワードを狙うには、サイト設計をしっかり考えておくことが大切です。

特にカテゴリー構造は大事なので、適当に決めてはダメですよ。

ブログタイトルにビッグキーワードを含めたら、カテゴリー名にミドルキーワード(複合キーワードでも可)を持ってきましょう。

カテゴリー構造とキーワードの大きさが比例するくらいがベストだと思います。

カテゴリー構造

トップページ・・・ビッグキーワード
カテゴリーページ・・・ミドル(複合)キーワード
個別記事・・・スモールキーワード

個別記事ではミドルキーワードを意識したスモールキーワードで攻めていきます。

すると、カテゴリーページが上位に上がってきます。

カテゴリーページが上がれば、さらにトップページが押し上がります。

時間はかかりますが、こうやって育てたブログは強いです。簡単にライバルが追い抜けないですからね。

このブログ「サンデーアフィリエイト – どこよりも正しいアフィリエイトのやり方」も、カテゴリー名がトップページ(サイトタイトル)のキーワードを押し上げる構造になってるんですよ。

せびよーく見て、サイト構成の参考にしてみてくださいね。^^

アフィリエイトでは、サイト作成前の準備が大切です。

ここで時間をかけたかどうかで、アクセスされるブログになるかが変わってきます。

先を見越したサイト設計を心がけましょうね。