「文章術(ライティング)」の記事一覧(2 / 3ページ)

使ってはいけない安っぽい表現

1万→10万円編

自分では良い文章だと思っても、安っぽい表現になっていることがあります。例えば、手垢のついた慣用句や使い古された言い回し、カタカナ語の乱用など。そんな薄っぺらい文章にならないコツを教えます。

「なんか変」な文章には理由があった

0→1万円編

ブログを始めたばかりのころは書くことに慣れていないので、書いた文章がしっくりこなかったりします。「なんか変」だけど、どこが変か分からない。。実は「主語と述語を近づける」といった基本的な日本語ルールだけ知っておけば、もっとスラスラ書けるようになります。

無意識に使ってるくどい言い回し

0→1万円編

自分が書いた文章を読み直したとき、「なんか気持ち悪いなぁ」と感じることはありませんか?無意識に文章を書くと、つい「くどい言い回し」を使いがちです。顧客心理などのライティングテクニック以前に、こういう「くどい言い回し」を削るようにしましょう。

文章を読みやすくするための一工夫

0→1万円編

こんにちは、Sundayです。 記事で最も大事なのは内容です。 読者のためになる情報を書くことが一番大事です。 とはいえ、いくらためになる内容を書いていても読みにくい文章では読んでもらえません。 最悪の場合、一目見ただけ・・・

文章は短くスッキリと

0→1万円編

自分の文章を読み返して「なんか気持ち悪いなぁ」と感じることはありませんか? 僕はしょっちゅうあります(笑)。 「読みにくい文章だなぁ」と落ち込むこともたびたびです。 そんなときは文章を短くしてみましょう。 余計なものを省・・・

このページの先頭へ