別ブログではハンドルネームやアイコンを変えた方がいいのか

別サイト

こんにちは、サンデーです。

先日、読者さんからこんな質問をいただきました。

今あるブログとは別で新しいブログを立ち上げようと思うのですが、ハンドルネームやアイコンは別のものを作った方がいいのでしょうか?

ブログごとにキャラクターを分けようか、同じキャラクターでいこうか迷っています。

新しくブログやサイトを作るとき、アバターやアイコンを同じにするか別にするかは悩みますよね。

個人のブログでは自分自身が書き手なだけに、難しいところです。

明確な答えはありませんが、僕の考えはこうです。

関連するブログなら同じハンドルネームで作った方がいい。明らかにジャンルが違うサイトなら別のキャラクターでも可。

ハンドルネーム・アイコン・アバターなどの、ブログやサイトごとの使い分けについてお話します。

ハンドルネーム・アイコンなどの使い分け

基本的にはキャラクター設定は自分一人がベストです。

ブログごとに別のキャラクターで発信するよりも、同じキャラクターでブログを作った方が有利に働きます。

昨今のGoogleは発信者の信頼性や権威性を重視します。

検索エンジンはサイトの内容だけでなく「誰が言っているか」を考慮に入れるので、自分自身の評価を上げておくことは大切です。

【参考】GoogleはE-A-T(専門性・権威性・信頼性)をどこで判断しているか

そのためには統一されたハンドルネームやアバターで、多くの人に認知されておくことが大事。

統一のキャラクターで運営しておけば、サイトではなく「あなた自身」にもファンがつきます。

あなたについたファンの中には、新しく作ったサイトを見てくれる人も多いはずです。

こうしたファンは、アクセスが少ない段階では貴重なアクセス源になるでしょう。

また、ブログ同士を相互リンクで結んでおけば、生きたアクセスが流れてきますしね。

つまり、キャラクターを統一しておけば、相乗効果でSEOでも有利になるんですね。

さらに、キャラクターを統一しておけば信頼性も生まれます。

最近では読者の目が肥えてきて、従来のアフィリエイトサイトでは信用されにくくなってきました。

たとえばこういうサイトは徐々に淘汰されつつあります。

  • 誰が言っているか分からない情報
  • 根拠のないランキング
  • 商品への誘導が目的のステマ

一般の人にも「あ、これはアフィリエイトサイトだな」と分かる人が増えてきたので、従来のような匿名のアフィリエイトサイトの手法は通じくななってきたんです。

そういう状況の中では、自分のブランド力が信頼できるかどうかの指標になります。

「サイト」ではなく「自分」ベースで考えることが大事です。

逆に、自分がしてきたブランディングとは大きく異なるイメージのサイトを作るなら、別のキャラクターで運営した方がいいと思います。

たとえば真面目な法律のサイトを作っている人が、別でアダルトやギャンブルのサイトを作ってたと知ったら驚きますよね。

下手すると既存サイトの信用を失いかねません。

こういうガラッとイメージの違うサイトを作るなら、違うハンドルネームやアバターで運営した方がいいでしょう。

キャラクターとSNSを紐づける

自分自身が書き手となる個人ブログなら、今やSNSを運営することは必須です。

SNSでの活動は回り回ってSEOにも影響してくると言われています。

たとえばSNS上であなたの名前やサイト名が言及されることを「サイテーション」と言いますが、Googleはサイテーションを検索エンジンの指標の一つにしているとも言われています。

SNSでの拡散は被リンクにつながることもあるし、フォロワーが増えるとあなた自身の信頼性にもつながります。

SNSのフォロワーはサイトを再訪問する人も多いので、リピート率の上昇でSEO的な効果も期待できます。

なので、別ブログを運営するときでも、SNSのアカウントは一つにまとめましょう。

アカウントを一つにしておけば、読者も検索エンジンも同じ運営者だと認識します。

読者に「へぇ、こういうサイトも運営しているんだ」と知ってもらえて、あなたのブランド力向上につながります。

逆に、まったくイメージの異なるサイトを運営するなら、SNSアカウントも別で用意した方がいいでしょう。

同じアカウントでイメージの違う発言をしていると、読者は不信感を抱いてしまいます。

また、ターゲットにあわせてSNSを使い分けるのもコツです。

SNSは媒体によって利用者層が異なります。

たとえばビジネス系だとフェイスブック、コスメや旅行はインスタグラム、ぶっちゃけトークはツイッターという具合に。

ターゲットの年齢や性別を把握して、自分のサイトに合ったSNSを使いましょう。

匿名のサイトから個人をブランディングする時代に

2019年以降、アフィリエイトの世界は変わりつつあります。

自分自身のブランド力を高め、個人として信用を獲得しないといけない時代になってきています。

これまで匿名だったアフィリエイトサイトは、キャラクター設定やSNS運用をして「誰が発信しているか」を明確にする必要があります。

逆に言うと、これをやっておけば従来のサイトでも魅力あるサイトに生まれ変わる可能性はあります。

【参考】2019年のアフィリエイト大予想 新時代で勝てる戦い方とは

そのためにも、ハンドルネーム・アイコン・アバター・SNSアカウントなどをうまく使っていきましょう。

基本的には別サイトでも、同一のハンドルネームやアイコンで個人のブランドを高めていくのがベストです。

そして自身のブランドイメージと違うサイトを作るのなら、別のキャラクター作って運営するのがいいと思います。

Googleアップデート後も個人が生き残る戦略

Googleアップデート後も個人が生き残る!公式と競合しない弱者のアフィリエイト戦略

Googleアップデート後に個人が生き残る方法をnoteに書きました。公式サイト優遇の流れが続く中、個人でも勝てる弱者のアフィリエイト戦略です。

アフィリエイトのテクニックをたっぷり見せます

メルマガ

実際にサンデーが作ったサイトを見ながらアフィリエイトを学べる無料メルマガ!
専業アフィリエイターが使っているテクニックをたっぷり教えます。

Sundayおすすめ教材

ルレアプラス

物販アフィリエイトの王道教材

LUREA(ルレア)は小手先のテクニックではなく、アフィリエイトの「本質」が学べる教材。基礎から応用まであらゆるノウハウが詰まったオールインワンパッケージ。


アンリミテッドアフィリエイト

ブログとメルマガで収益を爆発させる仕組み

アンリミテッドアフィリエイト(通称:アンリミ)は、ブログとメルマガを連動した情報発信アフィリエイトの教材。あらゆるビジネスに応用できるDRMの教科書。

Sundayおすすめツール

SIRIUS

アフィリエイト専用のホームページ作成ソフト

SIRIUS(シリウス)はブログ感覚でHTMLサイトを作るホームページ作成ソフト。アフィリエイトに特化した機能が満載で、初心者でも簡単に扱えます。


賢威

SEOにめっぽう強いWordpressテンプレート

賢威は多くのアフィリエイターが使っているWordpressテンプレート。SEOの強さ、カスタマイズのしやすさ、サポートの手厚さで群を抜いています。


COMPASS

キーワード選定&ライバルチェックの決定版

COMPASS(コンパス)は穴場キーワードの発掘・自サイトの順位確認・ライバルサイトのチェックが一瞬でできる、アフィリエイター必携ツール。


コンテンツスカウターZ

質の高い記事を作るコンテンツSEO支援ツール

コンテンツスカウターZは質の高い記事を生み出すためのコンテンツSEO支援ツール。上位表示のために取るべき施策が一目で分かります。

“別ブログではハンドルネームやアイコンを変えた方がいいのか” への10件のフィードバック

  1. おはようございます。
    ハンドルネームはなるべく統一したほうが良いのですね。
    よくわからなかったので1ブログ1ハンドルネームにしてます。
    いつか統一したいと思います。ありがとうございます。

    1. 使い分けるのもいいのですが、ここ最近は「誰が言っているか」という「人」に比重が置かれているので、「人」に信頼が蓄積される形がいいのかなと思っています。
      参考になったようでよかったです。

  2. こんにちは、ランキングから来ました。
    ブログ毎にハンドルネーム等を変えた方が良いのかと思っていましたが、そうでもないですね。

    1. 使い分けるのもいいですが、まとめられるものはまとめた方が「人」に信頼が蓄積されるので有利だと思いますよ。

  3. Sundayさん
    はじめまして。
    クローバーといいます。

    「人」単位で権威性を高める必要があるから、アイコンも統一したほうがいいということですね。

    たしかに私もブログ運営していてつくづくそれを感じていました。でも、自分の手持ちブログのアイコン統一って観点はなかったな〜

    ある意味、より情報発信に責任を持たなくちゃいけないっていう、当たり前のことなんでしょうけど。
    すごく参考になりました!

    ありがとうございます。

    1. コメントありがとうございます!
      検索エンジンにしろSNSにしろ、ネットでの評価が「サイト単位」ではなく「人単位」に移りつつあるな~、と思っています。
      そして現実(リアル)の評価がネットの評価に反映されるようになってきているので、おっしゃられてる通り、より情報に責任を持たなくちゃいけないですね。

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ